新横浜デンタルクリニック 小机駅徒歩5分、虫歯・歯周病治療や審美歯科・小児歯科など先端医療も行う歯医者

ご予約・ご相談は

045-478-1814

Webからのお問い合わせ

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは、赤ちゃんの頃から大人になるまで成長している間に受ける歯科を小児歯科と言います。
子供の歯の治療だけではなく、大きくなっていく中で成長とともに歯がどのように変わるかなどを考えて治療します。お子様の歯の治療と一緒に、親御様にも歯科指導をしてお子様が大きくなった時に、健康な歯になる暮らしをお手伝いします。

小児期の予防歯科の重要性

子供の歯の治療といえば虫歯と思ってしまいますが、大切なのは子供 のころに行う予防歯科です。 お子様の歯で大人になった時トラブルが起きそうなところを、あらか じめ防いでいくのが大切な役目です。 大人になった時には歯がボロボロだったとならないように、健康に成 長していくサポートをするのが小児歯科です。

TBI

TBIとは、歯医者でするブラッシング指導のことです。小さい子は自分で歯磨きをきちんとできません。
歯ブラシの使い方などを教えながら、歯磨きって大事なんだよと覚えてもらうことがポイントです。

乳歯から永久歯に生え変わる子供のころは、お口の中がめまぐるしく変わっていきます。
めまぐるしく変わるお口の中を子供たちに教えて、歯磨きのやり方を伝えていきます。
親御様もいっしょに聞きながら、お子様が歯磨きできているかご家庭でもチェックできるようにします。
大きくなった時、虫歯にならないお口作りができるようになるのがTBIの役目です。

TBI

フッ素と小児歯科

生え始めた歯は、エナメル層が薄かったりまだ硬くなかったりと大人の歯に比べて虫歯になりやすい歯です。
強く虫歯にならない歯にするために、生え始めた歯にフッ素を塗り虫歯菌から守ってあげます。
フッ素は大切な歯を守ってくれる様々な効果があります。

フッ素の効果
  • ・歯の表面を虫歯菌の出す酸性に耐えられる強い歯にする
  • ・唾液成分に含まれる再石灰化を促進
  • ・虫歯菌の活動を抑制

新横浜デンタルクリニックでは、お子様の歯を守るためにフッ素塗布をお勧めしています。
お子様の歯が虫歯にならないように、ぜひ新横浜デンタルクリニックまでご相談ください。

フッ素と小児歯科

シーラント

奥歯には、食べ物をすりつぶすための裂溝と呼ばれる溝があります。
生え始めの歯は、すり減っていないので溝がまだまだ深く汚れがのこってしまいがちです。
お子様は歯磨きは難しいことなので、裂溝の汚れをとりにくく虫歯になりやすい環境です。

シーラントは、そんな奥歯の裂溝を埋めて虫歯になりにくい歯にします。
特に一番最初に生える臼歯は虫歯になりやすく、シーラントをすることをお勧めします。
シーラントは生活していると取れてしまうこともあるので、定期的な検診でチェックをしましょう。

大人になった時すべての歯が虫歯にならないように、新横浜デンタルクリニックはお子様の将来を考えた治療をします。
シーラントやフッ素塗布など、お子様の歯を健康にしたい親御様はお気軽にご相談ください。

シーラント

新横浜デンタルクリニック

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2461
JR横浜線・小机駅から徒歩5分

近くのパーキングをご利用ください。領収書にて精算いたします。

ご予約・ご相談は

045-478-1814
045-478-1933

Webからのお問い合わせ
診察日時
平日
9:30~18:00

9:00~17:30
○ ○ ○ × ○ ○ ×

木・日曜日 祝日:休診

新横浜デンタルクリニック<br>歯科訪問診療エリア

訪問歯科の詳しい診療内容については高輪会ホームページをご覧ください。


ご予約・ご相談は

045-478-1814

Webからのお問い合わせ

受付:月・火・水・金:9:30~18:00 
土:9:00~17:30

ご予約・ご相談は

045-478-1814

Webからのお問い合わせ